自然エネルギー 自家発電 アイデア3選

ソーラーシステムの発電料金はどんどん安くなっています。
独立型太陽光発電のセットは自分で作ればかなり安く出来上がります。

バッテリーは車用の12Vが良いのか?
それで、100Vの家庭用の照明器具や扇風機やテレビは使えるの?
どれくらい使えるの?
ソーラーパネルとの接続って難しそう?

いろんな疑問が出てきます。

災害時に電気が来なくても、天気が良ければ、太陽光発電システムで発電して使うことも出来ますので一石二鳥ではあります。

自給自足の発電システム、肝心なのは蓄電能力。

自家発電に必要なもの

 

      1. ソーラーパネル
      2. 蓄電池
      3. 専用ケーブル

 

この3つさえあれば、誰でもかんたんに発電した電気を小型家電などに使うことができます。

 

ソーラーパネル
持ち運びできる100W発電
100W出力のポータブル型ソーラーパネル
持ち運びサイズに収納でき、どこでも発電が可能
ソーラーパネルを数枚で並列可能、ほとんどのポータブル電源に適用できます。
ポータブル電源のほか、ほとんどのノートパソコン、ラップトップに活躍しています。

販売価格 22000円

家庭用蓄電池
ポータブルバッテリー
最大100Wまでの様々な小型家電をご利用頂けます。
アウトドア・車中泊・現場仕事やカメラバッテリーの充電など
屋外の利用を目的に設計されたコンパクト型ポータブルバッテリー日常の利用はもちろん
突然の停電や災害にも大いに役立ちます。

販売価格 19800円

自動車バッテリーケーブル
ソーラーパネルからバッテリー充電

ソーラーパネル100W専用の充電ケーブル

充電レベルが一目で分かるランプを搭載
これ1本で自動車のバッテリーへフル充電できます。

販売価格 2680円